ダイビングとシュノーケルのどちらがオススメなのか

青の洞窟に行くときに目にするのがダイビングとシュノーケルという言葉ですよね。正直、この二つの違いやどちらがより青の洞窟を楽しめるのかが分からないという人もいるのではないでしょうか。
では、ダイビングとシュノーケルはどんな違いがあり、どういった人にオススメなのでしょうか。簡単に紹介します。

 気軽に海を楽しみたい人にオススメなシュノーケル

シュノーケルは水面に浮いた状態で行いますので、泳ぐのが苦手な人や水が怖い人、小さなお子様やお年寄りでも楽しむことができます。
沖縄の海はとても綺麗なので、浮いたままでも海中をしっかり見ることも出来ます。青の洞窟の美しさも十分楽しめますので、気軽に楽しみたいという人にはぴったりです。
また、鼻炎などの持病があってダイビングが出来ないという人も、シュノーケルだと出来る場合もありますので、そういう人にもオススメです。
自由に会話もできるので、友達や家族と話しながら楽しむことも出来ますよ。

 海を全身で味わいたい人にオススメなダイビング

持病もなくて水も怖くないという人はダイビングを楽しむことができます。ダイビングは決して難しいわけではないので、インストラクターの指示をよく聞いて楽しむことも可能です。
ダイビングの魅力は何といっても美しい海の中に飛び込むことができるところだと思います。
海の生き物が身近に感じられることは勿論、青の洞窟の世界を全身で味わうことになるので、生まれて初めて体験するような神秘的なものを目にすることもできるかもしれません。

 両方体験してみることもオススメです

シュノーケルとダイビング、どちらも魅力的ですよね。時間や体力が許すかぎり、両方を体験してみるというのもいいかもしれませんよ。青の洞窟をぞんぶんに楽しみましょう。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫